プロフィール

Miyuki

Author:Miyuki

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル時代の真っ赤なコート

普通に日本で10年以上働くと
それなりに服や靴、鞄なんかが増えて来ます。
OLチックなジャケットとスカートなんかや
それなりに普通に東京生活に馴染む服である。

それらがドドンと今もクローゼットに満載で
セイラマンの服の入る余地がない、ってなワケで
先週末、クローゼットの整理を決行。


色々分別してたんですが、着ない服が沢山あります。
着れないと言った方が正確か。

その代表選手が小さくなった服、いや、
あたしが大きくなってしまったので小さく感じるトップス。
『戒めの服』としてこれがまた着れるように、とキープしていた。
しかも、トップスは元々短めだったので、
お腹周りが若干大きくなった分、
さらに服は上に上がるという図式である。


でも、捨てれない…。 だって、痩せさえすれば…。
これらが着れれば洋服の数に困らないし
Oxfordライフではオシャレさんに突出できるかも??


そしてスカート。
オフィス系?とでも言おうか、タイトで若干膝上である。
つまり、Oxfordのディリーライフには向かない。
そして、これまた若干きつめ。
ウエスト、ヒップだけでなく太腿も一回り立派になったので
現状ではこのスタイルのタイトは足の太さを強調するに過ぎない。

でもいつかオフィス系を着れる生活ができるかも? と捨てれない。
(かなり痩せなきゃならんが…。)


次に景気の良かった時にかった高い服。
もったいなくて捨てれない…。

しかし、あの時、一体何を考えてたんだ、あたしは?
ジャケット一枚に5万円の値札がついている。
ってか、ついたままって…。
5万円、一度も着てないってこと?
他には当時10万円した数回しか着ていない
黒のダブルボタンで半端なく真っ赤なロングコート。


イメージはまさに、ザ・バブル!

20年近くも前の服、恥ずかしくて着れない。
流行は繰り返すというが、繰り返したところで
あたしが着てみるとタダの『痛いオバサン』になってしまう。
あたしの孫辺りが着るのにはいいかもしれん…。

しかし…これだけで15万かぁ…。
日本に一度帰れるなぁ…。


まぁ、どれもこれも体型、ライフスタイルが
現状のままだと着れない事は確実である。

靴?
いつまでたっても靴ズレができ
バンドエイドがないと履けない靴も沢山ある。


これらは一気に諦めるべきなんだろうが
なんせ、イギリスで気に入る服が
納得の値段でなかなか見つからない事と
フルタイムで働いていないので洋服にかけるお金がない。
つまり、捨てても次を買えないので捨てれないのだ…。

『ぜーーーーんぶ捨てなさい。もしくはセカンドハンドへ!』
  に 賛成の方、クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ 人気ブログランキングへ 

関連記事
THEME:イギリス | GENRE:海外情報 |

COMMENT

こんにちは

いや、痩せて着れるかもしれませんからねえ~ ^^
赤のコート、この国ならアリですよ~
この一人突っ込み1人ボケ、とっても面白かったです!

>@yaさん

『痩せたら』ね。『たら』ね…。

赤のコートありかしら?
バッキンガム周辺に行かなきゃ大丈夫??

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  06  05  01  12  11  10  09  08 
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。